プッシュアップバーはいらないのか⁉︎ 結論はいる!効果的な使い方とは

その他
スポンサーリンク

プッシュアップバーはいらないのか

 

おはよう。
MPだ。

普段から自宅でトレーニングしている人には馴染みのある「プッシュアップバー」

 

主に腕立て伏せを行う際に効果的でトレーニングの質や効果を上げてくれるアイテムだが、「いらない」という声も実は多い。

 

必要ないと言われる原因は何か、実際に必要なのか。

今回はそれらを徹底的に解説していこう。

MP
MP

必ず腕立て伏せしながら読んでいってくれ。

小僧
小僧

は?

スポンサーリンク

結論

時間がない人のために、はじめに結論を話しておこう。

プッシュアップバーの必要性の有無に関しては以下の通り。

 

普段から自重(腕立て伏せなど)で鍛えている人:必要
普段からジムでマシンやダンベルで鍛えている人:必要ない

 

小僧
小僧

どういうこと?

MP
MP

そのまんまだ。

基本的に家で自重トレーニングをする場合は、かけられる負荷に限界がある。

しかしプッシュアップバーがあれば可動域や負荷を大きくすることが出来る。

 

対してジムで専用のマシンや何種類もの重量のダンベルで鍛える場合は別。

それらを用いたメニューで十分な為、あまり必要性がないんだ。

 

MP
MP

要するに自重トレーニングをメインで行う人にとっては必要不可欠ということだ。

小僧
小僧

それよりプッシュアップバーってなに?

スポンサーリンク

プッシュアップバーとは?

まずこのプッシュアップバーという器具について。

 

これは自重トレーニングの効果を爆発的に上げてくれる補助器具のこと。

主にプッシュアップ(腕立て伏せ)で使用することが出来るぞ。

 

MP
MP

具体的な正しい使い方は後ほど説明するので安心してくれ。

スポンサーリンク

プッシュアップバーが必要である理由

プッシュアップバはトレーニングの効果を今以上に飛躍させるサポートがある。

では具体的にどのようなメリットがあるのか、大きく以下の5つが挙げられる。

筋肉の可動域UP
高い負荷をかけられる
手首の負担軽減
スペースを取らない
トレーニングの幅が広がる
MP
MP

それぞれ詳しく解説していこう。

筋肉の可動域UP

腕立て伏せをする際、プッシュアップバーを使うとグリップから床までに高さが生まれる。

そしてこの高さが生まれることにより胸をより深く沈ませることが可能になる。

 

こうすることで筋肉の可動域の幅が広がるというわけだ。

 

筋トレは、負荷だけでなく筋肉の伸縮幅も効果に大きく関係しているから、トレーニング効果を最大限発揮させたい人は是非使うべき。

 

MP
MP

刺激する筋肉の可動域が広がると、それだけで筋肥大への大きな近道になるぞ。

高い負荷をかけられる

これも上のセクションで話したが、プッシュアップバーを使うことにより通常より深く身体を沈ませることが可能になる。

身体を深く沈ませることが出来るとその分大きな負荷をかけられることが出来るぞ。

 

筋肉の可動域を広げて負荷も高められる。
総じて筋トレを大幅に効率化させることが可能に。

 

手首の負担軽減

器具なし身体一つで腕立て伏せをする場合、手首を約90度ほど曲げなくてはいけない。

もちろん決してNGというわけではないが、手首の柔軟性が低い人や、高い負荷で回数をこなした場合に怪我をするリスクがある。

 

だがプッシュアップバーがあると、グリップを握ることによって手首が垂直になり負荷が地面に逃げてくれる

つまり手首の負担が大幅に軽減されると言うわけだ。

スペースを取らない

一般的にトレーニング器具というものは重い、大きいなどスペースを取るものが多い。

しかしプッシュアップバーは軽くてコンパクトなものが一般的。

自宅でトレーニングする際も、気軽に取り出してたたみ一畳のスペースがあれば大丈夫だ。

MP
MP

収納にも困らないぞ。

トレーニングの幅が広がる

実はこのプッシュアップバー、腕立て伏せだけでなく他にも様々なトレーニングに応用することが可能。

使い方によっては背筋や体幹など、腕立て伏せでは鍛えることの出来ない部位もトレーニング出来るんだ。

MP
MP

家での自重トレーニングをする人にはもってこいだな。

いらないと言われる理由

上記のような数多くのメリットがあるプッシュアップバーだが、「いらない、必要ない」と言われる理由はいったい何か。

大きく以下の4つが挙げられる。

他のもので代用可能
怪我の可能性
筋肥大効果がない
マシンやダンベルに劣る
小僧
小僧

それぞれ詳しく解説していくぞ。

MP
MP

お前が!?

他のもので代用可能

本を重ねたり何か固いものを置いたりと、他のもので代用できるとよく言われている。

確かにその通り代用可能かもしれない。

 

しかしこれらには本来プッシュアップバーにあるグリップがないため、完璧に代用できているとは言い難い

しかもトレーニングのたびに本を重ねたり他のもので高さを調節したりと手間がかかる。

 

対してプッシュアップバーはすぐに取り出せてトレーニング出来るから心配無用だ。

怪我の可能性

「プッシュアップバーは怪我しやすい」、なんてことは無く、それはおそらく正しい使い方をしていないから。

基本的にどんな器具でも怪我の可能性はあり、正しく使用するかが重要。

MP
MP

後ほど使い方を説明するので大丈夫だ。

筋肥大効果がない

全くの嘘。

正しい使い方で負荷をかければ十分に筋肥大する。

プッシュアップバーに限らず、どんなメニューでもしっかりと筋肉に負荷をかけて栄養を摂れば筋肉は成長するぞ。

 

MP
MP

筋肥大しない最も大きな原因は食事量だ。

筋肉を増やすには増量が原則になる。

マシンやダンベルに劣る

これに関してはその通り。

確かにジムで行うマシンやダンベルでのトレーニングの方がより大きな負荷をかけることが出来る

そのうえメニューも豊富。

 

しかしプッシュアップバーはそもそも自重トレーニングを行う際に使用するもの。

家で筋トレする人にとっては負荷を上げる重要な器具だ。

 

MP
MP

人それぞれの鍛える目的や種目は異なるので、一概にマシンやダンベルに劣るとは言い切れないな。

プッシュアップバーの正しい使い方

それではここでプッシュアップバーの正しい使い方を解説していく。

色々な使用方法があるが、ここではスタンダードな腕立て伏せで使用する際の手順について。

トレーニング手順

  1. プッシュアップバーを肩幅より少し広めにセットする
  2. セットの際、ハの字になるように
  3. 脚を閉じて伸ばして腕立て伏せの状態を作る
  4. 頭を下げず胸を張りながらゆっくり体を下ろす
  5. 限界まで下ろしたら状態を崩さずゆっくり上げる
  6. 繰り返し
常に頭から脚の爪先まで一直線になるように意識する

 

MP
MP

まずは10回3セットを目安に行おう。

おすすめのプッシュアップバー

器具の解説が終わったところで、俺MPがオススメするプッシュアップバーを3選紹介しよう。

ACTIVE WINNER

出典:ACTIVE WINNER

最初に紹介するのがこのACTIVE WINNER(アクティブ ウィナー)のプッシュアップバー。

 

至ってシンプルで安定性も問題なし。
(組み立て式で持ち運びも可能)

 

他社の製品に比べて約2倍のスポンジが使われているため、グリップを握る際の手のひらへのダメージが極限まで軽減されるぞ。

また傾斜が付いているため体重がかけやすく、カンタンに腕立て伏せをフォーム良く行えるのも大きなメリット。

 

MP
MP

初心者の人にオススメだな。

adidas

出典:amazon.co.jp

ブランド力、信頼性、品質全てにおいて抜群の安定感を誇るアディダス

美術館に展示されてそうなフォルムだが、しっかりとトレーニングで使える優れものだ。

 

アイアン製ながら超軽量で、しかも耐荷重150kgとおしゃれでタフなプッシュアップバー。

機能性はもちろんデザイン製にも力を入れているさすがアディダス。

 

MP
MP

組み立てる必要がないから、すぐにトレーニングを始められるぞ。

Perfect Fitness

出典:amazon.co.jp

最後はこのPerfect Fitnessのパーフェクトプッシュアップバー。

まさにパーフェクトと言わんばかりの強そうなデザイン。

 

他の製品に比べて大きく異なる箇所が、「回転する点」。

 

安定性はもちろん抜群で、手首の関節に負担をかけずに接地面を回転させながらトレーニング出来る。

これにより効かせる部位を細かく重点的に鍛えられたり、様々な部位を同時に鍛えることが可能になる。

 

慣れるまでは少し難しく感じるかもしれないが、慣れたら飛躍的にトレーニングの効率を上げてくれるに違いない。

MP
MP

中級者〜上級者向けだ。

さいごに

いかがだっただろうか。

コロナ禍をきっかけに家で自重トレーニングを行う人が増えただろう。

 

しかし継続的に続けるならば是非この記事で解説したような器具にもこだわってほしい。

ケガを防ぎながらトレーニング効果を最大限に引き上げるサポートをしてくれるぞ。

 

MP
MP

家で自重トレをしている人は要チェック👇

【2022年版】自宅筋トレに必須なトレーニング器具5選を徹底解説!
家で自重トレーニングするならこれら5つの器具は必須!結論から言おう。この記事で紹介する5つは「懸垂マシン、可変式ダンベル、トレーニングベンチ、アブローラー、ディップススタンド」。これらがあれば筋トレの質を大幅に向上してくれること間違いない。

以上が今回の記事だ。
最後まで読んでくれてありがとう。

じゃあな:)

小僧
小僧

おすすめのプッシュアップバー紹介してや。

MP
MP

今したよな!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました